サラリーマン思考から脱却するための王道とは

この記事は6分で読めます

サラリーマン思考から脱却するための王道とは

こんばんは、望月です。

 

今日は世間的には正月休み最終日という雰囲気だからか
何となく静かなうちに一日が終わりそうです。

 

元々僕は出不精なタチで、
休日も用事がなければずっと家に引きこもってる方なんですが、

特にお正月休みってどこに行っても混んでるイメージが強くて
余計出かけたくないって思っちゃうんです。

昨日は用事があって出かけましたが、
今日はずっと家で一人、作業したり、昔買った教材を見返してみたり、
映画観たり、マンガ読んだりして過ごしていました。

 

特に去年は、以前までと比べて映画やマンガを見る機会が断然多くなった。

と言っても、それまでが見なさすぎたのでまだ人並み以下かもしれませんが。。

 

これは何と言っても三浦さん、甲斐さんの影響がデカイ。

感性を磨く、
右脳を鍛える、

なんて言うとちょっとそれっぽいですが、
そんな生半可なちょっと映画熱が上がっただけで感性なんて磨かれません。

右脳なんて鍛えられない。

 

そんなに簡単に磨かれるなら、
世の中はクリエイティブな人だらけになってしまう。

 

だとしたら、感性を磨くための行為は無駄なのか。

 

そんなことはまったくない。

 

映画、マンガに限らず、人と話すこと、飲みに行って話をすることまで含めて、

どれも無駄じゃないと思うし、
感性を磨くための行為と言えるし、

右脳を鍛えたり、クリエイティブの素養を培う一歩になる。

 

でもそれって、娯楽とか休憩・リフレッシュって捉えられてるフシがあるから、
なかなか正々堂々とできなかったり、勝手に罪悪感を感じたりしちゃうんですよね。

 

もちろんダラダラと、漫然と見てもダメだと思います。

目的や意図を持って、見る。いや、観る

何か気づきはないか、ヒントは眠ってないか、
この作品はどこが面白いんだろう?

って考えながら観るぐらいでちょうどいい気がします。

 

えー、そんな風に見たらつまんないじゃーん。

って言われそうですね。

 

うん、確かにそうなのかも知れん。

娯楽、リフレッシュとしてなら別にいいと思います。

 

でもですよ、単に映画見て、

「あー、面白かった」

「めっちゃ感動した」

ってだけで終わっちゃうのってもったいなくないです?

 

なんでこんなに心を動かされたのか?
って考えてみると、なんだかいろんなことに活かせそう。

 

ビジネスに活かせるかもしれない。

セールスって、お客様の心を動かすことだから。

 

もしかしたら恋愛に活かせるかもしれない?

これも同じ、人の心を動かすことだから。

 

あ、言っときますけど、必ず活かせるとは言いません。

そこまでのロジックに落とし込めてないからです。

あくまで、仮説ですね。

 

で、お前はいったい何を言い出すんだと、
結局言いたいことは何なんだと、

そう感じられたんじゃないでしょうか。

 

特に年末、大晦日の日なんですが、

このお正月休みの間に、
去年の下半期から、今日までの期間を振り返ってみたんです。

 

自分でも分かるほど、自分のキャラが変わってきている。

BEC第2期、途中から参加した井上直哉さんですら、
僕のキャラが変わったってわかったそうですw

 

僕、フツーのサラリーマンです。

典型的な、サラリーマン中のサラリーマン。

でした。

 

それが、最近ではサラリーマンと言うと驚かれることがあったりします。

そんなサラリーマン見たことない、って。

 

それぐらいイキイキとしてるんだと思います。

 

サラリーマンは仕事が本分です。

時には私情を捨てて仕事に邁進する。

プライベートも家庭も後回しにして、
会社のために働かなきゃいけない時がある。

 

僕もそうでしたから、そういう時があるのは十分ワカル。

 

そして頑張ってたり、仕事がデキル奴は、
ある意味ワーカホリックになってしまう瞬間があります。

 

僕は仕事を一生懸命にする人は好きだし、ステキだと思っています。

 

ライフワークバランスっていう言葉があるじゃないですか。

あの言葉が、死ぬほどキライなんですよ。

 

ライフとワークのバランス?

ふざけたこと言ってんじゃねぇ。

だから仕事ができねーんだって思ってました。

 

だって、ワークだってライフの一部じゃんか。
仕事に人生賭けて何が悪い。

そう思ってました。

 

これは今でも、そう思ってます。

 

でも、一般的にはそうじゃないですよね。

 

その違いは何にあるのかと言うと、
仕事をしている時が楽しいって思えるかどうか、
なんですよ。

 

仕事をしている時が一番イキイキしていて、

毎日帰りは遅いけど、
帰ってきたら楽しそうに仕事の話をして、
しかも給料もたくさんもらっている。 ←ここはポイント

 

そういう姿を見てたら、家族の人も嬉しいと思うんです。

たとえ多少家庭のことが疎かになっても。

 

でも、現実は違うでしょ。

毎朝つらそうに会社に行って、帰りが遅い上に、

生きてるのか死んでるのかわかんない表情で
会社や仕事のグチを言って、

しかもイライラを家庭でも吐き出したりして。

それで家庭のことが疎かになってたら、
そりゃあ奥さんもキレますって。

 

でも一般的にはこっちの方が多い。

 

ワーカホリックって、仕事が忙しすぎるからなる症状じゃないんです。

家庭がうまく行ってないから、
仕事のせいにしてめちゃめちゃ頑張るってだけ。

仕事をしている以上は、それが言い訳になるからです。

 

仕事をすることでストレスを溜め、
家庭でもストレスを溜め、
仕事をすることでストレスを解消している。

そういう状態なんです。

 

僕の離婚前の状態がこうだった。

だから、ものすごくよくわかります。

 

仕事に逃げていた。

そして仕事からも逃げたがっていた。

 

さすがにそんな状態の家庭の方はいないと思いますが、

それでもたまに取れたちょっと長めの休みの間に、
リフレッシュ目的でついダラダラ過ごしちゃうじゃないですか。

映画観たり、マンガ読んだりしても、
なんとなーく見ちゃうじゃないですか。

 

それって、普段は仕事が忙しい、
たまの休みにちょっとゆっくり過ごしたい、

っていうこと丸ごと引っくるめて、
芯からサラリーマン脳になっちゃってるってことなんですよ。

 

わかりますか?

 

そこから抜け出したかったら、
ちょっとしたパラダイムシフトを起こさなきゃダメなんです。

 

ほんとは、長期海外旅行とか、引っ越しとか、
そういう環境がガラッと変わるものがいいんですが、
それもなかなか難しい。

だとしたら、せめて普段の休み方を変えてみる。

休みの日に何となく過ごしていた、その過ごし方を変えてみる。

やってることが変えられなくて同じだったとしても、
ちょっと視点を変えてみる。

 

そうやって変化を自分に与えていかないと、
いつまでもサラリーマンループの輪の中から抜け出せずに終わります。

 

そして、それは年々抜け出しにくくなる

 

僕は去年の秋、会社を1ヶ月半休みました。

その経験はかなり大きかったと思ってます。

 

またオススメの映画をたくさん教えてもらって、
一つずつ観て行きました。

オススメのマンガや本を紹介してもらって、
それをちょっとずつ読んで行きました。

 

多分、それまでの僕の生活の延長線上では、
それらの映画やマンガや本に触れることはなかったようなものも多かったと思います。

自分では絶対に手に取らないだろうな~、
っていうものってありません?

そういうのを見て行ったんです。

 

なんでこれを勧められたのか?っていう視点と共に。

そういうのって、すごく自分にとって刺激になったし、
良い訓練になったと思います。

 

簡単に、感性が磨かれてきた、なんて言えませんが、
ちょっとずつ人間が変わってきたのは事実。

 

三浦さんや甲斐さんと一緒に過ごす時間が
それまでに比べてものすごく長くなったのもあります。

 

人間って、やっぱりそうやって変わってくんですよ。

 

ネットビジネスを副業としてやってること自体で、
世の中のサラリーマンとは断然違います。

稼ぐという意欲も違えば、危機意識もあるってことにもなる。

 

それを一人でやっていてうまく行ってるならいいです。

でもイマイチなんだかうまく行かないなら、
サラリーマンループの上をグルグル回ってるからです。

 

サラリーマン思考じゃ、自分で稼ぐってできないんです。

いや、小金を稼ぐのはできます。

でも望んでいる額を稼ぐのはしんどいんじゃないかな~。

 

だって、サラリーマンって
そういうことを考えずに生きてきた人種だから。

 

だから今年は起こしましょう。
パラダイムシフトを。

 

それは人と触れることから始まります。

 

今まで出会っていないような人と話す、
その人からオススメしてもらった作品に触れる、

そういうところから道は拓けると思います。

 

と言っても、
なかなかそんなに簡単に人と会う機会がなかったりするので、

たまに音声をお届けするような機会を作ってたりするんです。

 

2017年の宣言は締め切りましたが、
また企画やりますので、その時はぜひ!

 

ちょっと今日は厳しい発言が多かったかもしれませんが、
本音を心を込めて書いたつもりです。

何かしら感じて頂けたら幸いです。

 

それでは、明日から仕事始めの方も多いと思いますが、
会社の仕事も副業も、張り切って行きましょう!

 

それでは!

 

 

望月

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
望月直幸のさらに濃厚な情報をメールマガジンで配信中!
無料ですのでお気軽に登録下さい ⇒ 登録はこちら
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. BECメンバーに見習うべき点・インプットって知識だけ?
  2. 「ビジネスモード」と「お休みモード」
  3. BECにいて感じることー僕がやっていたのは「ビジネスごっこ」でした
  4. 自分の購買心理を振り返ることで得られたもの【1-4 なぜ買ったのですか?】
  5. 良質なコンテンツで学び、信じて行動した者が成果を出す【4 BEC on-line School参加者の仲間達】
  6. BEC物販チーム、激動の韓国へ仕入れツアー篇
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式メルマガ

元年収1,000万円のサラリーマンから脱サラしてインターネットビジネスに取り組むに至った経緯や思考、「副業」「インターネットビジネス」「輸入物販」「トレンドブログ」「情報発信」などの実戦記・ノウハウ・その他情報をメールマガジンで配信しています!

ご登録頂いた方に、
特典①良書リスト40冊(PDF46ページ)
特典②珠玉の名言集500(PDF93ページ)
特典③半速読法(動画41分18秒)
特典④ネットビジネス副業比較(PDF28ページ)
特典⑤YouTubeジャンル比較(PDF29ページ)
特典⑥外注化パッケージ(PDF計23ページ)
特典⑦コミュニティで「依怙贔屓」される方法(PDF16ページ+動画30分57秒)


をプレゼント中です!

*メールアドレス
 

カテゴリー

お問い合わせ

Xanax drug mg
Americash loans naperville
Bromazepam 6 mg . tablets
Tulsa loans bad credit
Precio strattera mexico
Pittsburgh title loans
Palexia akut
Coeur d'alene payday loans
Title loans newark delaware
Venta de alprazolam