BECに求めるもの ― 個で稼ぐためには、個で作業することも必要だ

この記事は5分で読めます

BECに求めるもの ― 個で稼ぐためには、個で作業することも必要だ

こんばんは、望月です。


今、僕が会社の仕事で少し携わっているプロジェクトに、
同じく参画している、ある一人の女性がいます。


その女性は、2014年の新卒入社の子。

職種はエンジニア。


僕が人事部門で新卒採用も担当していた時に
彼女が入社するというタイミングだったので、

違う形で同じプロジェクトに携わることになって
何となく不思議なような、ちょっと喜ばしいような気分。



女性なんだけど、工業系の大学・学部を卒業。

そのこともあってプログラミングの経験はあったけど、
そうは言っても、まだまだ社会人歴1、2年です。


そんなにすんなりと会社の仕事で通用するほど
社会なんて甘いもんじゃない。



・・・と思っていたんだけど、


ところがこのプロジェクト、彼女が大活躍してまして。。



他にも同じプロジェクトに参画しているメンバーに
プロパー社員もいれば外注エンジニアもいたりするけど、

完全に対等にやり取りしてるし、何なら指示まで出してるw



違う役割、違う職種なので、
実はそれほど僕とは話すことがないんです。

たまに話をする機会があるとものすごくオドオドしていて、
そのギャップでまたビックリさせられる。

(単に僕が偉そうで、横柄なだけかもしれないけど)


そういうところを見ると、
やっぱりまだ新人だもんな~って思ってしまいますが、

今のプロジェクトにはもはや、
なくてはならない頼もしい存在になっていた。



でも、ようやくもうすぐ入社丸2年になるぐらいだし、

これまで彼女なりにいろいろと
葛藤はあったんじゃないかと思います。


会社の業績が悪かった年も経験してるし、
実は彼女の年は、新卒が彼女一人だけしか入社しなかった。

つまり同期がいないんです。



新卒で入った会社の同期って、何気に大きな存在じゃないですか?

僕だっていまだに、たまに同期で会ったり、
同期が別の会社で活躍しているのを聞くと嬉しかったりする。


でも、彼女にはその存在がいない。

これは想像以上に辛いことなのかもしれないな~、なんて思います。


まぁ、周りの先輩社員もそのことはわかってるし、
優しく接していたから乗り越えられたのかも知れない。


逆に自分が新人の頃って、こんなに仕事できたっけ?
って心許なくなったりして。。



僕も新卒で入った会社では、エンジニアとして入社しました。


会社に入ったばかりの頃って、
何をしたらいいのかサッパリわからないから、

基本、先輩や上司の指示待ちになる。


しかも、その指示すらも満足にできなかったりする。。



そんな時、必ず迷うことがあります。


それは、

●分からないことは自分で調べるのか、人に聞くのか

ということです。



この線引きは、すごく難しい。


とにかく作業のスピードを上げようと思って、
分からないことをガンガン聞きに行くと、

「ちょっとは自分で調べろよ!」

と言われ、


自分で調べなきゃって行ってずっと調べものしていると、

「自分で抱え込まずに、サッサと人に聞け!」

と言われるw


これで相当怒られた記憶が・・・。



でもこっちにしてみたら、「どっちなんだよ!」とw



まぁそこからこういうケースを経験する数が増えて、
徐々に線引きはできるようになったし、

途中経過を報告しつつ、
さり気なく質問するというワザ(?)も覚えた。



でもこういう葛藤って、
サラリーマンだから感じることだよな、
って最近では思う。

周りに聞ける人がいるから、聞くかどうかを迷うんじゃないかと。


逆に人に指示されて仕事をするっていうことも
セットになるかもしれないけど。



でもネットビジネスは、基本は一人作業。

分からないことがあったら、自分で調べるしかない。


いくら教材を買っても、
いくらコンサルをお願いしても、

まずは自分で解決するという姿勢がないと、
稼ぐなんて到底できないんじゃないかと思います。


基本姿勢は自分で調べること、自分でまずやってみること。

それでも解決できないことがある時にだけ、人の力を借りる。



逆に教材についてるサポートでも、
ここは徹底して言われると思います。

まずは自分で調べてください。
じゃないと、いつまでも独り立ちできませんよ、と。


コンサルをお願いしていても同じことです。



何でもかんでも困ったら人に聞くという思考から抜け出さないと、
いつまでも人に頼らないと稼げないことになってしまう。


それって「個」で稼ぐのとは違いますよね?



だから最初は効率が悪く感じても、頑張って一人で調べてみる。

一人でやってみるしかない。


そして、そうやって覚えたことが、
あなたの独自のノウハウになります。



もしそれがもどかしいと思ったり、
少しは人の力を借りたいって思ったり、
スピードを早めたい、期間を短縮したいって思ったら、

【有料】でサービスや教材を買うべきだと思います。



たまに無料でスカイプをやります、っていう
企画をやっている人がいますが、

そういうのを積極的に活用するのはもちろん全然アリです。


でも基本は、その価値に対して対価を払って、
サービスを受けるべきだと思う。


むしろ「優良」な情報なら、「有料」でも買う意識を。



少し話が逸れましたが、、


僕は今でこそ、ネットビジネスのセミナーや勉強会、
懇親会なんかに参加するのは何の抵抗もなくなったけど、

基本的には一人で作業をする方が好きです。



BECというコミュニティに所属はしていますが、

たくさんの人と繋がっていたいから、

ということが理由じゃない。



ここにいれば、稼ぐ力がつくからです。

ビジネス思考が徹底的に鍛えられるからです。



BECのコンセプトは、「稼ぐ、繋がる、成長する」。

稼ぐだけじゃない、
繋がるだけでもない、
人として成長しようぜ、

っていうコンセプト。



この中に、「繋がる」って含まれてるんだけど、

繋がりだけを求めている人はBECではいられないでしょう。


確かに切磋琢磨する仲間はいた方がいい。

よく言われる「基準値」というものが体感できるし、
人の成功を見ると刺激になる。

それぞれ得意分野が異なったりするから、
お互い助け合うこともできる。



でもやっぱり僕はこう思うんです。

基本は一人で行動し、解決する力がないといかん。


一人でいるよりも、仲間と一緒に頑張った方が捗る!

っていう人もいるけど、


僕は一方で賛成、もう一方では非常に懐疑的です。


誰かと一緒にいると必然的に会話が生まれるし、
それによって作業効率って絶対下がってると思う。


厳しいこと言うと、

「それって寂しいだけじゃないの?」

って思ったりもする。



もちろんその話し合い自体が勉強になったり、
サポートし合う内容だったら別だけど、

やっぱり一人で考えて、一人で行動して、一人で結果に向き合う。
そしてまたそこからカイゼンして行く。


そういう繰り返しの末に、成長はあると思うし、
「稼ぐ」という結果が待っている気がします。



人から何かを教えてもらったり指導を受けたりして、


「勉強になりました。頑張ります!」


っていうのは簡単だけど、いつかはそこから抜け出さないと、

もっと言えば、自分も人を指導できるようにならないと、


っていつも思っています。



セミナーに出ても、

「いや~、いい話聞けた。頑張ろう~」

っていうだけじゃダメで、
そこから行動しないと変わらない、なんて言いますよね。


それと近いかなと思います。



あ、決して人が嫌いってわけじゃありません。

「個」で稼ぐ力を身につけたいなら、
「個」で黙々と作業するということも必要だと思っているだけ。



昼間はサラリーマン、夜は副業っていう生活。

当然、作業は深夜にまで及ぶこともあるから、
ある意味ものすごく孤独だと思います。


でもそういうことを経て、

力がつく、成長する、稼げるようになる、

そう思うと、孤独感なんかどこかへ吹き飛ぶ。


この作業がゆくゆくは爆発したら
スゲーことになるぞ~、

って思いながら作業をしたりしてます。


もしかしたら、一人でニヤけてるかもw



副業に取り組み始めた頃は特に、
目立った実績もなかなか出なかったりするし、

余計に孤独を感じるかもしれません。


でも、そこで踏ん張るからこそ見える世界がある。

本当の楽しさがある。


僕はそう思います。



ということで、今夜も孤独に淡々と頑張ります!



それでは!



望月直幸



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
望月直幸のさらに濃厚な情報をメールマガジンで配信中!
無料ですのでお気軽に登録下さい ⇒ 登録はこちら
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. BEC第3期(BEC2017)のレター打ち合わせ情報暴露
  2. リーダーとの関わり方と報連相
  3. 三浦孝偉のコミュニティBEC始動
  4. BECメンバーに見習うべき点・インプットって知識だけ?
  5. BECで鍛えられたもの、そしてサラリーマン+副業だからこその辛さ、切なさ、そして戦略
  6. 仲間、ナカマ、NAKAMA
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式メルマガ

元年収1,000万円のサラリーマンから脱サラしてインターネットビジネスに取り組むに至った経緯や思考、「副業」「インターネットビジネス」「輸入物販」「トレンドブログ」「情報発信」などの実戦記・ノウハウ・その他情報をメールマガジンで配信しています!

ご登録頂いた方に、
特典①良書リスト40冊(PDF46ページ)
特典②珠玉の名言集500(PDF93ページ)
特典③半速読法(動画41分18秒)
特典④ネットビジネス副業比較(PDF28ページ)
特典⑤YouTubeジャンル比較(PDF29ページ)
特典⑥外注化パッケージ(PDF計23ページ)
特典⑦コミュニティで「依怙贔屓」される方法(PDF16ページ+動画30分57秒)


をプレゼント中です!

*メールアドレス
 

カテゴリー

お問い合わせ

Cena xanaxu
Ativan acheter
Gilbert quicken loans
Seattle auto loans
Ativan central nervous system
Bromazepam od 1.5 mg u trudnoci
Zolpidem comprar online
Hampton city schools payday
New york loan forgiveness teachers
Como conseguir lorazepam