BECプレミアム合宿in新潟の模様

この記事は4分で読めます

BECプレミアム合宿in新潟の模様

こんにちは、こんばんは、木村裕です。


Facebookでも投稿しましたが、
先日、一泊二日で行われた、

『BECプレミアム合宿in新潟』

に参加してきました。


行きの新幹線
合宿所の様子


一日目の午後の時間帯に
ガッツリと三浦さんのセミナー&ワーク。


事前に三浦さんからこんな通達が出されていました。

————————————————-
新潟合宿に参加される方

色々考えましたが、折角向こうまで行くので、

ガッツリ えげつないワークをしようと思います。

パソコンだけでなく、
筆記用具◯必で!
————————————————-

えげつないワーク。。
何があるんだろう・・・

と緊張半分、期待半分な気持ちです。


早速新しくCampusノートを買って合宿に臨みました。

Campusノート買うの、めっちゃ久しぶりw


結果、合宿に参加した正直な感想は

「行って良かった~」

でした。(ベタベタで恥ずかしいですが)


一日目午後のワークの内容は、

MECE、ロジックツリー、5WHYなどを使ったワークでした。



特にサラリーマンの方であれば、

MECE、ロジックツリー、5WHYという単語は聞いたことがあったり、
そういう研修やセミナーを受けたことがあるかもしれませんが、

じゃあそれを実際に自分のビジネス活動に落とし込んで
使ったことがある人って、

あんまりいないんじゃないかな~って思います。


僕自身もそうでした。
サラリーマンの仕事も含めて。


そういう意味ではかなり実践的なワークでしたし、

今後の情報発信や活動の方向性を決める上で
ものすごく参考になりました。


コンテンツのヒントも頂いたと思ってます。


MECE(ミーシー)って、「漏れなくダブりなく」という意味。

 Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive

の頭文字を取ってMECE。


・・・っていう話は知ってる、聞いたことがある、

ってところで止まってません?


ロジックツリーについても、
ちょっと調べてみると、

What Tree
How Tree

の2種類があるって出てまして、

何?の視点で掘り下げて行くのが「What Tree」、
どうやって?の視点で掘り下げて行くのが「How Tree」、

っていうのはワカル。

じゃあ実践的に使うにはどうしたらいいんだ?
ってなるわけです。


5WHYについてもおなじ。

有名な話として、トヨタで使われた手法が
世の中に広まったと言われてます。


これは僕もサラリーマンのときに、
クライアントに散々詰められました。


ちょっと不具合が出たときに吊るし上げられるわけですよ。


でもクライアントもバカじゃない。

ひとしきり怒ったあと、 ←怒ることは怒る

じゃあなぜ不具合が起こったのか考えてみてください、と。


僕「こうこうこういう理由だと思います。」

ク「それはなぜですか?」

僕「・・・こういうことが原因じゃないでしょうか」

ク「それはなぜですか?」

以下つづく。


こうやってクライアントって攻めてくるんですね。


そんな僕のサラリーマンエピソードは良いとして、

自分のビジネスで課題があったときに、

それが克服できていないのはなぜか?
って考えてみるわけです。


そしてそれを掘り下げて行く。

こういう思考って日常的にはやりません。

合宿までしてワークの時間があるからこそ
深掘りできたりする。


そういう機会があったら、絶対に参加すべきだと思いますよ。


MECEとロジックツリーの話を少し飛ばしましたけど、
5WHYと同じなんですが、


理論やフレームワークを
その情報や知識として習得するので終わりじゃなく、

個人個人の活動に落とし込んでワークとしてやらせて、
出てきたアウトプットに対してディレクションする、


っていうワークだったんですね。


だからスゲーって言ってるんです。


これって、一般公募して参加した人に対しては
できないワークだったと思います。

BECならでは。


なぜなら、参加者のことをよく分かってないと
ディレクションできないから。


だから一般的に募集してないでしょ?

BECメンバーにはトコトン向き合う三浦さんだからこそ
成し得るワークだと思います。


だって、人への向き合い方がハンパじゃないですからね。

ほんとに抉る抉るww


本人がそんなに向き合ってくれなくていいよ、
ちょっとそっとしといてよ、

っていうぐらい向き合う。


本人が自分自身に向き合う以上に
向き合ってんじゃないかと思います。


そんな人いますか?っていう話なわけです。



・・・さて、ワークだけで終わっちゃ
温泉合宿の名がすたるということで、

向かったのは新潟にある月岡温泉。


到着した温泉旅館がめっちゃ豪華なわけですよ、奥さん。


ほんとビビリましたよ。

これ、関東近県で温泉に行ったら、
5万とかかかるレベルですよ。


それが、お値段据え置きの16,000円!


これはヤバイ。


とは言え、あんまりこういうことを書くと、

「ネットビジネスでウェーイ系」になりそうな気もしますが、

最近の僕の考えでは、


「やりたいことはやる」

「楽しいことをする方が絶対に生産性が上がる」


という方向に落ち着いてますので、
ビジネス的にも良かったと思ってます。


毎日楽しいことだけしかやらなかったらアホですけどね。


夜は自然な流れで語り飲みだったわけですが、
こういう話の中にいろんなヒントが潜んでます。


そういう時はいつも、
チャットワークの「マイチャット」にメモするんですけど、

飲みながらマイチャットにメモしまくりでした。


ヒントだけじゃなくて、


・佐野さんと野崎さんの毒舌ぶりがハンパない件

・加藤さんの覇王色の覇気がハンパない件


についても思い知ったわけですが、
それはまた、別の話。


夕食を堪能した後、部屋で飲み会に突入し、

突然眠気が襲ったボス三浦孝偉が
一旦横になる事件が起こり、

でも温泉宿内になぜかラーメン屋があったので、
その閉店間際に起き出し、

「おい、木村!ラーメン行くぞ!」

と顔を殴打され、

部屋に戻ってから語り飲みしつつ、
ミギーランドの話を中心に盛り上がり、

朝方まで飲み明かした結果
朝食を食べ損ねるというオチで幕を閉じました。


いや~、でも新潟サイコーだったな~。


そういうプレミアムな機会も
BECプレミアムコースならではの経験でございました。


それではまたお目にかかりましょう。



木村裕



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
木村裕のさらに濃厚な情報をメールマガジンで配信中!
無料ですのでお気軽に登録下さい ⇒ 登録はこちら
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. BEC特別講師 甲斐秀樹のメルマガを読んで三浦孝偉は何を思ったのか?
  2. BEC第3期(BEC2017)のレター打ち合わせ情報暴露
  3. その男の名は、「茂呂史生」
  4. 人生を変えるということ、人生を変える時に必要なこと
  5. あと一歩は自分で踏み出す
  6. BEC第4回勉強会「魅せる力」と亀川さんについて
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式メルマガ

年収1,000万円のサラリーマンでありながら副業でネットビジネスに取り組む思考、「副業」「ネットビジネス」「トレンドブログ」「サイトアフィリ」「YouTube」などの実戦記・ノウハウ・その他情報をメールマガジンで配信しています!

ご登録頂いた方に、
特典1:<サラリーマン+副業>音声コンテンツ集
①サラリーマンを辞める寸前まで行きながら、それでもサラリーマンを辞めない理由
②逆にサラリーマンを続けながら副業に取り組む理由
③会社内の人間関係に悩んだ時の解決方法
④ノウハウコレクターに落ちてしまった理由
⑤いろいろなジャンルのネットビジネスで成果を出せた理由
⑥これまでまったく成果が出なかったにも関わらず、直近のアフィリで成果を出せた理由
⑦なかなか時間が取れない時に、時間を捻出する方法
⑧個人事業主とサラリーマンの違いを理解するためのマインドとは
⑨ズバリ!コミュニティに入った方がいい理由
⑩いろいろなコミュニティに入ってきたから分かる、コミュニティを選ぶための視点

特典2:<サラリーマン+ネットビジネス>コンテンツ集
①良書リスト40冊(PDF46ページ)
②珠玉の名言集500(PDF93ページ)
③"半"速読法(動画41分18秒)
④ネットビジネス副業比較(PDF28ページ)
⑤YouTubeジャンル比較(PDF29ページ)
⑥外注化パッケージ(PDF計23ページ)
⑦コミュニティで「依怙贔屓」される方法(PDF16ページ+動画30分57秒)

をプレゼント中です!

*メールアドレス
*お名前(姓)

カテゴリー