BECに対する想いとサラリーマンの現状について

この記事は6分で読めます

BECに対する想いとサラリーマンの現状について

こんにちは、こんばんは、望月です。


12月に入って、本業も副業もかなり
慌ただしくなってきました。

気づけばもう上旬が終わる。。

「師走」ですね。


12月はなんだか知らないけど忙しい。

何となく一般的に定説として囁かれている事実です。


それがなぜなのかを考えてみました。


・・・って言うことをメルマガではしょっちゅう書いています。

登録はこちら


モノが売れるから


12月ってまずボーナスが出る月だったりします。
サラリーマンにとってはめちゃくちゃありがたい月。
ついサイフの紐も緩む。

ボーナス払いで何かを買うっていう方もいると思いますが、

そうじゃなかったとしても、
つい買っちゃう。
ついでに買っちゃう。

そういう経験ありません?


言っときますけど、僕はおおいにありますよ!(ドヤ顔)


ということは必然的に、売る側の人は忙しくなりますわね。


店舗で販売しているようなところで働いてる方とか、
レストランとかもそうかもしれません。


所謂、書き入れ時ってヤツです。

こういう時に買う側じゃなくて売る側に回ることができれば、
自然と忙しくなりますが、通常よりも大きい実績を残せるでしょう。


特に物販属性の方はいいですよね。
そしてアドセンス系の人もとっても良いと思います。

ん?つーことは、ほとんどじゃん!


収益が上がると分かってる時期に
ここぞとばかりに攻めないのは、はっきり言って罪。

12月こそモリモリ働きましょうw


イベント時期だから


もう誰が何と言ってもクリスマスですよ、ダンナ。

12月から仕掛けるんじゃなくて、
11月からだと思いますが、

それでもやっぱり人はイベントが好きなんです。


クリスマス、家族や恋人と過ごしたいでしょ?

僕はめっちゃ過ごしたいです。

(家族も恋人もいないけど、、ほっとけ!!)


そういう機会にはやはり非日常を味わいたくなるもんです。

いつもは行かない場所に行ってみたり、
いつもは買わないもの買ってみたり、

贅沢って言いますか?

僕はそうは思いません。
こういう時ぐらいパーッと非日常を味わえない人は
はっきり言ってショボいっす。


一年の終わりの月だから


なんだかんだ言って、人は「区切り」が好き。

あ~、そろそろ一年が終わるなーって感傷に浸りつつ、
心のどこかで焦る。


やべぇ、今年も思ってたことできなかった。。


次に考えることはコレです。


よし、来年こそはちゃんとやろう。


あなたもそう思ってません?

僕は思ってますよ。それが何か?


ほんとにダメダメな人は置いといて、

今年は思ったよりできなかったな、
来年こそは頑張ろう、

って思えるのって、僕は素敵だと思うんです。


だって、向上心があるってことだから。

普通の人は何も考えないっすよ。
だって、今で満足なんだもん。

ストレスとか不満とか、そりゃあいろいろありますわ。


でも、根本では今の生活でOKなんすよ。


そこは断固言わせてもらうと、
僕は断じて違います。

現状に満足なんかしていない。


ほんと僕ってダメな人間なんすよ。

サラリーマンでは年収1000万円まで行きましたが、
それと引き換えに代償として失ったものがたくさんある。


人間らしさを失い、
友人関係を失い、
離婚も経験し、
人としての魅力もなくなり、

ほんとにただのオッサンになりました。


ただの小金持ちのウザいやつ。

誰よりも自分が一番嫌いなヤツに、自分がなってました。


しかし、こんな僕でも最近では、昔の自分を
笑って許せるようになってきたんです。


それはたった一人の人物との出会い


僕はサラリーマンです。
会社のために尽くすのが本分である身です。

しかしそうは言っても、自分の身がかわいい。

如何に会社の中で出世するかを考えました。


でも、僕って基本的に不器用なんです。
自分で言うのもなんですけど。

愚直にやることしかできない。
根が営業に向いていない。
社内営業も含めてです。


だから自分をうまくアピールするなんてできない。

強いて言えば、労働時間でしか誇れるものがなかった。

その代わり、一生懸命やりました。
血反吐を吐くかと思いました。

仕事のし過ぎで睡眠障害になりました。

当時、結婚していた奥さんに泣かれました。
「あなたの身体が心配だ」って。

それでも僕は会社に行きました。
曜日関係なく、時間帯関係なく。

その結果、待っていたのは会社の執行役員のポジション。

やっと来たって思いましたね。


小さい会社とは言え、執行役員です。

正直嬉しかった。

これで、このままの勢いで上を目指せば、
役員、引いては代表取締役になれるかも知れない。

もしかしたら他のベンチャーから引き抜かれるかも知れない。


でもそんな甘い考えは一瞬にして崩壊したんです。


部下からの総スカンに遭い…


執行役員として任されることになった部署、
それはそれまで僕が担当していなかった部署でした。

新しいキャリアとして会社が用意してくれたんでしょう。
僕にとってもチャレンジとなる仕事でした。

しかし、そこに待っていたのは、
新しい仕事を覚える辛さではなく、

部下からの総スカンでした。


「なんだよコイツ、いきなり」

「コイツが上司?笑わせんなよ」

「おめーの言うことなんか、絶対聞かねー」


そういう雰囲気の中、新しい部署の仕事が始まりました。


執行役員という立場にありながら、
一人の新人として新しい部署に異動になったわけです。

これは正直キツかった。。


部下はそれまで担当していた作業があります。
それを引き続きやればいい。

だから僕だけが浮いたポジションになったんです。

最終的には、僕が部署宛の電話を取り次いだり、
訪問してきたお客さんの対応をしたり、

言っちゃなんですが、新卒社員でもできるようなことを
やるハメになりました。


その時に悟ったわけです。

自分一人の力の限界に。
自分という人間の基盤の脆さを。。


結局、どれだけ自分一人で生きて行けるのか


サラリーマンであること、
それなりに出世したことは、

手前味噌ながら僕は自信になっています。
誇りに思っています。


しかしそれで幸せになるとは限らない。

出世してそれなりに高い給料がもらえる立場になれば
一生安泰だと思っていた僕にとって、

これは衝撃的な事件でした。


サラリーマンである以上、立身出世、
給料アップを目指すのは間違っていない。

そう思います。


でもそれを目指した僕が、幸せになるどころか
不幸になってしまった。


そりゃあ、僕が失敗したところはたくさんあったと思います。


でも、これじゃあまるで未来が明るくない。

誠意を持って、サラリーマンで上を突き詰めることは
できないと思いました。


そんな時、僕を救ってくれたのは、副業でした。
そして、コミュニティだったんです。


BEC


BECを率いる三浦さん。

この人の指導力、洞察力、カリスマ、ビジネスセンス、、
こういうことを挙げたらキリがない。

多分、会ってお話する機会があれば、
三浦さんの話題で一日語り続けるでしょう。


でもそれだけじゃない。

集まっている仲間がまた素晴らしい。

はっきり言って、BECにいるメンバーと出会えたことは
人生にとっての資産です。

みんなすごい。
みんな大人。
みんな素晴らしい人。


よく僕がBECに入ることができたなって思うほど。


こういう環境に一度所属することができたこと、
それは人生レベルでの資産になっています。


正直な気持ちを言います。

僕はBECを独り占めしたい。
三浦さんを独り占めしたい。


でも、三浦さんに触れることで人生を変える人がきっといる。
その可能性を、僕が遮断しちゃいけないって思うんです。


だからBECを紹介します。セールスします。


中途半端な人は来ないでください


BECとは、半年間のコミュニティです。

でも人生が変わってしまう可能性があります。


僕の場合は、この半年弱で人生の方向性が変わっただけじゃなくて
性格が変わりました。

40歳過ぎの人間が、性格変わったんです。


それまでの僕は、上述の通り

「ザ・サラリーマン」

でした。


不器用さが裏目に出て、
上司へのアピールなんかはまるでできませんでしたが、
そこそこ出世しました。

でも部下からはぞんざいに扱われる存在。
同僚からも、なんでアイツだけ?って白い目で見られる状態。


そうなると人間って、自分で自分を守るようになります。
ガードしちゃうんですね。

その結果、不感症の自分が出来上がりました。


満員電車に揺られようと、
クライアントから怒鳴られようと、
毎日終電を過ぎてタクシー帰りだろうと、

時には会社に泊まろうと、
誰も手伝ってくれなかろうと、
「誰も忙しいなんて思ってない」って言われようと、

その中で生きて行くためには、
自分の感情を遮断するしか術がなかったんです。


でもそんな僕が、BECに入ることで
人生レベルで生まれ変わったと思えたんです。


そういうモードになったら、
自分一人で這い上がるのって難しいんですよね。


ただ、僕はあなたにBECに入って欲しくない。

・・・言い過ぎました。


入った方がいいに決まってるんです。

でも中途半端な気持ちで入ったって、
絶対に活かしきれなくて終わります。


だから、安易に入るって言って欲しくない。


でも相応の覚悟を持って入りたいって決めたのなら、
これ以上ない環境が手に入るって断言します。


僕は現役サラリーマンだからこそ、
同じ立場の人の気持ちがわかると思っています。


そういう方の悩みを解消したい、
本気でそう思っています。


何だかよく分からないけど、
とにかくBECって気になると感じたのなら、

ぜひ一度ご連絡ください。



正真正銘、僕が親身になってご相談に乗ります。

BECに入ることが選択肢の一つじゃない。
こちらからお断りすることもあるでしょう。


でもBEC云々関係ない。

サラリーマンとして頑張っているあなたが、
本当に輝ける選択肢があるのなら、

それを僕は提案したい。


メルマガでも同じような情報をお届けしたいと思っています。

もしよろしければ登録お待ちしています。


ぜひ一度ご連絡ください。


何かのお役に立てればと思っています。

それでは!



望月直幸



P.S.

ご意見、ご質問はお気軽に!
コチラから



P.P.S.

ブログランキング始めました。
よろしくお願いします。


備忘録・雑記 ブログランキングへ



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
望月直幸のさらに濃厚な情報をメールマガジンで配信中!
無料ですのでお気軽に登録下さい ⇒ 登録はこちら
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□













  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. BEC 10月度月報ディレクション音声
  2. BEC第5回勉強会 特別講師はNISHIさんでした
  3. サラリーマン+副業のとある一日
  4. BECチャットを振り返って、第3期のスタートの雰囲気を思い出した
  5. YouTubeで月収100万超え H氏(N氏)のメルマガにあの人が反応!
  6. BECはコミュニティを超えて個人コンサルのようなもの
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式メルマガ

元年収1,000万円のサラリーマンから脱サラしてインターネットビジネスに取り組むに至った経緯や思考、「副業」「インターネットビジネス」「輸入物販」「トレンドブログ」「情報発信」などの実戦記・ノウハウ・その他情報をメールマガジンで配信しています!

ご登録頂いた方に、
特典①良書リスト40冊(PDF46ページ)
特典②珠玉の名言集500(PDF93ページ)
特典③半速読法(動画41分18秒)
特典④ネットビジネス副業比較(PDF28ページ)
特典⑤YouTubeジャンル比較(PDF29ページ)
特典⑥外注化パッケージ(PDF計23ページ)
特典⑦コミュニティで「依怙贔屓」される方法(PDF16ページ+動画30分57秒)


をプレゼント中です!

*メールアドレス
 

カテゴリー

お問い合わせ

Pittsburgh title loans
10 mg oxycodone hcl
Lorazepam 1 mg n1
Adderall 20 mg lasts how long
Buy sofosbuvir in egypt
Sofosbuvir generika
Oxnard college student loans
Tramadol prospecto vademecum
Comprar clonazepam sin receta chile
Palexia 25 prezzo